【必見】赤本をBOOKOFFより高く売る!学参プラザは予備校や学校のテキストも売れる![検証・手順・評価]

▲役目が終わって暇そうな赤本たち
※イメージ

はじめに

受験生の皆さん、大学受験お疲れさまでした。

さて、受験勉強でお世話になった“赤本”ですが、どこに売りますか。

皆さんお馴染みBOOK・OFFに行って査定してもらったところ、最新年度版でも『250円/冊』(大学ごとの赤本)でした。や、安い…(笑)

そこで、どこか高値で買い取ってくれる店はないかなぁとGoogle先生に聞いてみると、『学参プラザ』というサイトが一番上に出てきました。

“◯◯円以上保証”だとか書いてあります。そんなわけ…wwww

本当かよ?と管理人は思ってしまいました…。

ということで!今回は実際に管理人が「損してもいいや!」という気持ちで体を張って検証してみようと思います(笑)

手順

~準備するもの~

 □ スマホやPCなどのネット環境
 □ メールアドレス
 □ 売りたい赤本・参考書たち

広告



①スマホやPCなどで『大学受験参考書・赤本 専門買取サイト「学参プラザ」』にアクセス
▶細かな注意事項等は必ず各自で確認のこと

②『買い取り申し込みフォーム』を開く(ページ右側の「買取申込」という赤いところ)

③名前・住所などを入力していく


【POINT】
買い取り金の受け取り方法が下記の4種類から選べる!

 ● 銀行口座振り込み
 ● Amazonギフト券
 ● 現金書留
 ● 切手払い

 
④届いたメールを確認し、発送方法を読む

⑤段ボールを頼んだ人はそれが届くのを待ち、頼んでない人は各自段ボールを用意

⑥丁寧に箱づめする
新聞紙などで隙間を埋めるとよい


20冊以上の場合
 佐川急便着払いで配送する
 『着払い』用の伝票に住所などを記入する

20冊未満の場合 各自好きな宅配業者送料自己負担で配送する


⑧査定をじっくり待つ(意外と時間がかかって心配になった…)

⑨お金が指定した方法で支払われる


査定結果がメールで送られてきました。

【検証結果】

22冊で1538円


ということなので、1冊およそ100円程度でしょうか。

でも、赤本以外のもの+結構書き込みしていたものもあったので、結構良いほうなのでは…?

広告


評価

■ 良いところ

●段ボールを無料でくれる
→家に段ボールはなかなか無いので助かる

●通常、BOOKOFFなどでは買い取ってくれない”予備校のテキスト”も買い取り可能
→駿台・河合塾・代ゼミ・東進・Z会・鉄緑会・SEGなど

指定の進学校の教科書・ノート・プリントも買い取ってくれる
→筑波大附属駒場・開成・灘・東大寺学園・麻布・桜蔭・駒場東邦・女子学院など

●店に持っていかなくて良い点
→めんどくさがり!赤本は重たい!


■ ココがイマイチ

20冊未満の場合、学参プラザへの送料は自己負担
→20冊も家にあります...?

●いい値がつかなかったときに返品してもらう場合、送料は自己負担

広告


最後に…

いかがだったでしょうか。
予備校や進学校のテキスト、プリントを買い取ってくれるのには驚きですね!
受験が終わったら、気分転換のためにも必要のないものは片付けた方が良いですよ! 赤本などを売りたい人は是非お試しあれ…!

0 件のコメント :

コメントを投稿