【学歴フィルター】四工大 VS MARCH理系の就職を徹底比較|芝浦工業大 東京電機大 東京都市大 工学院大

教育 四工大 大学 理系

t f B! P L
今話題の記事!あなたの大学の新学期はいつ?

四工大とは

・私立理系単科大学の四工大(≠Fラン)とMARCHの新卒就職状況/就職率を徹底比較!
・偏差値/難易度は低めなのに日東駒専やMARCH(マーチ)より大手企業に内定!?

こんにちは (。・ω・)ノ゙
受験シーズンだというのに、コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症で大変ですね。さて、今回は ”大学受験生(理系)” ”志望校を悩んでいる人” 向けの記事です。

皆さんは『四工大』というものをご存知でしょうか。
Googleで『四工大』と検索してみると、Yahoo!知恵袋や掲示板が大量に出てきます。
その気になる内容は…
四工大は日東駒専と同レベル?
四工大とMARCHどちらが就職良い?
四工大でも将来大丈夫?
四工大の企業からのイメージは…?

というものばかり。そして、意見もバラバラ。ということで今回は筆者が『四工大』と『MARCH』の就職率等を独自に分析してみます!題して…
です!ではでは、さっそくいってみましょう!

大学生のみなさん、外出自粛しませんか?

スポンサーリンク


※あくまでも、参考程度にして下さい


偏差値比較

今回の分析では、以下の5つの大手企業の就職者数を用いることとします。
 ● NTTデータ 
 ● 本田技研工業
 ● トヨタ自動車
 ● 三菱電機  
 ● 日本電気  

四工大【偏差値 42.5~57.5】
四工大(東京4理工)は以下の4つの私立理工系大学で構成されている。
 ◆ 芝浦工業大学
 ◆ 東京電機大学
 ◆ 東京都市大学(旧武蔵工業大学)
 ◆ 工学院大学
【リンク】東京4理工HP

今回は、5企業のデータが掲載されていた「芝浦工業大学」,「東京電機大学」,「東京都市大学」の3大学について分析します。(工学院大さんごめんなさい)
※卒業生数は学部卒業生数(院進学者も含む)
※「/卒業生数(%)」は卒業生数に対する各企業に就職した人数の割合、すなわち以下の計算で求めた。
\[
\frac{就職者数}{卒業生数}×100
\]
スポンサーリンク


MARCH(マーチ)【偏差値52.5~60.0】
皆さんご存知だと思うが、MARCHは以下の5つの総合大学のことである。
 ■ 明治大学  
 ■ 青山学院大学
 ■ 立教大学  
 ■ 中央大学  
 ■ 法政大学  
今回は、5企業のデータが掲載されていた「明治大学」,「青山学院大学」,「中央大学」の3大学について分析します。(法政大さんごめんなさい)
※なお、立教大は理学部のみの為、除外しました
※卒業生数は学部卒業生数(院進学者も含む)
※「/卒業生数(%)」は卒業生数に対する各企業に就職した人数の割合、すなわち以下の計算で求めた。
\[
\frac{就職者数}{卒業生数}×100
\]

就職率比較

前項で調べた6つの大学について、卒業生数に対する各企業に就職した人数の割合をグラフにしました。以下に示します。
スポンサーリンク


一見すると、青山学院大学理工学部が強い…?
よ~く眺めてみると、”各大学の就職に強い企業”というものが見えてきます。
例えば、日本電気に注目してみると、青山学院大学が強いことがわかります。
”各企業について、どの大学が就職に強いか”をランキング形式でまとめました。




結論【どっちが就職良いのか?】


● 企業によるが確かに四工大は就職が良い
→ 偏差値がMARCHと10くらい違うのにスゴイ
→ 理系は偏差値で大学を見ないべき

● 大学によって得意不得意の企業がある
→ OBのつながりがあるのでは?
→ 大学の得意不得意分野が関係?

”自分のやりたい研究がある大学へ進学すればよい!”

もし、やりたい研究が無かったら…

そこまで大学にこだわる必要は無いかもしれません。
しかし、多くの理系学部では皆、研究室に配属されるわけなので、どのような研究室があるか、どのような研究内容があるかは最低限、知っておく必要があると思います。

研究室選びにも大学のパンフレットが使えます。
高校生だけでなく、現役大学生でも自身の大学のパンフレットを持っておいて損は無いはずです。


パンフ請求でiPodが当たる⇒【高校生限定】 


大学生のみなさん、外出自粛しませんか?
今話題の記事!あなたの大学の新学期はいつ?

【参考ページ・資料】
入試難易ランキング表(河合塾)
進路・就職|青山学院大学
就職データ|明治大学
進路・就職データ|中央大学
就職・キャリアサポート|芝浦工業大学
就職・キャリア支援|東京電機大学
就職・キャリア|東京都市大学
※一部大学はパンフレットも参考にした
※2015 or 2016年度のデータを参照した

【Check☝】おススメ記事


サイト内検索

ブログアーカイブ

スポンサーリンク