2K録画!屋外防犯カメラTapo C310レビュー|素人でも簡単取り付け・設定

ガジェット レビュー

記事の内容
  • TP-Link初!2K録画対応の屋外用防水カメラをレビュー
  • 音声通話やナイトモードなど機能が豊富なのに安い!
  • 開封から壁に穴を開けない設置方法、実際に使ってみた感想までご紹介

TP-Linkとは?評判は?

TP-Linkは1996年に設立された、無線LAN業界で世界シェアトップを誇るメーカーです。2011年に世界シェアNo.1を獲得して以来、10年連続No.1を獲得。

TP-Linkの「①品質にこだわった開発」「②業界トップのチップセット搭載」「③ユーザー目線での開発」「④優れたデザイン性」といった強みが高いシェアに繋がっています。

\豪華賞品が当たるキャンペーン実施中/

TP-Link製品を税込5,000円以上ご購入いただいた方の中から、抽選で合計100名様にUCギフトカード10万円分やスマートホームセットなど豪華賞品が当たります!

Amazonで最新の高速Wi-Fiルーターに
買い替えてみませんか?
応募受付:2021年9月30日23:59まで
キャンペーン詳細はコチラから

この記事では、ネットワークカメラTP-Link Tapo C310の実機を用いて、開封、スペック紹介、設定方法までレビューしますので、最後までぜひご覧ください!

Tapo C310の外観と付属品

さて、今回は「TP-Link Tapo C310」の実物を用意したので、一緒に見ていきましょう!

まず、こちらがTapo C310のパッケージです。

開封してみます!こちらがTapo C310の本体です。白い本体に赤いラインが入っていてカッコいいですね。

横から2本出ている端子は何かというと「有線LANポート」と「DC電源コネクタ」です。

アンテナはゴツゴツしていてカッコいい。

アンテナは180度回転します。

TP-Link Tapo C310は、microSDカードを挿入することで映像を録画することができます。底面に挿入部があります。microSDカードは8~128GB(class10以上)が推奨されており、筆者はAmazonで「SanDisk Ultra 128GB(Class10)」を購入しました。

Tapo C310の同梱物・付属品

屋外対応のカメラということもあり、付属品はめちゃくちゃ充実しています!取り付け用テンプレートやネジが付属してくるのは地味にありがたいです。
  • ネットワークカメラTapo C310本体
  • 電源アダプター
  • 取り付け用テンプレート
  • アンカー&ネジ
  • 防水シール
  • 防水ケーブルアタッチメント
  • かんたん設定ガイド

Tapo C310のスペック・仕様

次に「TP-Link Tapo C310」のスペック・仕様をご紹介します。防塵・防水規格のIP66に対応しているので、屋外でも安心して使用できます。また、カメラは300万画素の高解像度カメラなので、鮮明な映像を見ることができます!

さらに業界最長クラスの3年保証が付いてくるので、万が一のときでも安心です!
画素数300万画素 (2304×1296)
夜間撮影対応(昼夜自動切換)
Wi-FiIEEE802.11b/g/n
有線LAN対応
防塵・防水IP66
microSD最大128GB(録画可能)
保証業界最長クラス3年

Tapo C310の取り付け・設置方法

筆者は自宅の屋外に取り付けようと思いましたが、壁に穴を開けたくなかったので、取り付け方法を検討しました。

Amazonを探していたところ、防犯カメラをポールに取り付けるための金具を発見しました。

Amazon 防犯カメラ用ポール取付金具

こちらの金具にカメラをネジ止めし、付属のステンレスバンドでポールに縛り付ければ、設置できます!
ここで言うポールとは、竪樋(雨水を屋根から地上に流すパイプ)、車庫の屋根の支柱、ミラーのポールなどのことです。壁に穴を開けずに、好きなところに取り付けられる点が良いですね。

Tapo C310の設定方法・アプリ

手順1. アプリをダウンロード

TP-Link純正の専用アプリ「Tapoアプリ」をiOSまたはAndroidデバイスにダウンロードして下さい。このアプリでカメラの初期設定から管理、映像の視聴まですべて行えます。
TP-Link Tapo
TP-Link Tapo
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ

手順2. 電源ON

カメラの電源を入れてLEDが赤と緑に点滅するまで待ちます。

手順3. セットアップ

アプリ内のデバイスの追加で「カメラ > Tapo C310」を選択します。その後、アプリの指示に従って、ネットワークやデバイス名の設定を進めるだけです(簡単!!!)。

こんな感じでTapoアプリを使えば、ライブ映像・録画の確認、音声通話などが可能です(※以下は外出先からTapo C200/TC70のライブ映像を見ている様子です)

Tapo C310の特徴|良いところ・悪いところ

筆者は実際に2カ月ほど使用してみました。屋外に設置し、雨ざらし状態です。それでも、故障・不具合は発生せずに使用できました!

そんな筆者によるTP-Link Tapo C310の良いところ、悪いところを正直にお伝えしたいと思います。

良いところ

Tapo C310は取付・設置が簡単

一般的に防犯カメラは業者に依頼して、設置してもらう印象があります。ところが、Tapo C310は素人でも取り付けから設定までできてしまいます。手軽に屋外カメラを設置できるという点で優れています。また、Wi-Fiに対応しているので、無駄な配線をせずに済みます。

お世辞抜きで画質が良い

お金さえ払えば、高画質な防犯カメラはいくらでもあると思いますが、5,000円台で綺麗な映像を撮れるので、とても満足です。拡大しても鮮明に見えます。日が沈んで暗くなると、自動で夜間モードに切り替わるので、夜でもくっきりとした映像をみることができます。スマホアプリで映像を確認できるので、すぐ確認できて便利です。

テレビでライブ映像を見られる

Tapo C310はGoogleアシスタントとAmazon Alexaに対応しています。筆者はAmazon Fire TV Stick 4K(Alexa搭載)を所持しており、テレビでライブ映像を見ることができました!(写真はモザイク処理しています)

微妙なところ

録画再生が重たい

Tapo C310の悪いところをあえて言えば、高画質であるがゆえに録画再生が少し重たいという点です。ちなみに画質は3MP、1080p、720pから選択できるので、重いようであれば、低画質にすると解決できそうです。

Tapo C310の購入はコチラから

今回はTP-Linkの屋外カメラ「Tapo C310」を紹介しました。5,000円台で素人でも簡単に取り付け・設置、設定できるので、とても良い商品だと思います。外出先からカメラのライブ映像・録画を見ることや音声通話にも対応しているので、空き巣、置き配の盗難などの対策にもピッタリです。ぜひ下記のリンクからチェックしてみてください!

\セール中は4,000円台のときも!/

TP-Link Tapo C310関連リンク


最後までご覧いただきありがとうございました!

自分の写真

ばやし

理工学部卒業。20代の一般男性。2014年7月16日に当サイトを開設し、現在に至る。時間を見つけて更新しています。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

サイト内検索