Windows10 HDD→SSDクローン作成方法!おすすめのフリーソフトAOMEI Backupperレビュー

windows

パソコンの高速化をする方法の一つにHDDをSSDに換装する方法があります。SSDに交換することでWindowsの起動速度や動作速度の向上が見込めます。

今回はおすすめのソフト「AOMEI Backupper」を使って、HDDのデータをそのままSSDにクローンする方法についてご紹介します!

AOMEI Backupperとは?

今回紹介する「AOMEI Backupper」とは、AOMEI Technology社製のソフトウェアです。

動作の安定性に定評のあるバックアップ フリーソフトで、バックアップの作成やクローンディスクの作成をすることができる便利なソフトです。

例えば、パソコン内のデータを間違えて削除してしまったり、PCの不具合で大切なデータを紛失してしまった場合も、バックアップしたイメージからリカバリーすることができます。

もしものために導入しておくと後々助かります。

SSDクローン作成で用意するもの

パソコン本体

パソコン本体は必須です。今回はWindows10のデスクトップPCを使用します。

SSD

クローンの作成先のSSDが必要です。HDDでも出来ますが、読み書き速度は遅いです。SSDに慣れるとHDDには戻れないくらい快適なので、SSDをおすすめします!
SSD売れ筋ランキング1位・2位

SATA⇔USB変換ケーブル

SSD(SATA)をUSBで接続する際に使用します。いちいちPCケースの蓋を開けなくても接続できるので便利です。
安いので1個持っておくと便利!

AOMEI Backupperインストール方法

①まずは「AOMEI Backupper」をダウンロード・インストールします。以下のリンクからダウンロードしてください。

AOMEI Backupperダウンロード

②ダウンロードしたファイルを開き、インストールします。
↑インストール中の画面

↑インストール完了

SSDクローン作成手順

①まず、AOMEI Backupperを起動し、左メニューバーのクローンをクリックします。次に「ディスククローン」を選択します。

②ソースディスク=クローンしたいディスクを選択し、次へ。

③ターゲットディスク=クローン先のディスクを選択します。つまり、新品のSSDです。

④確認画面が出てくるので「開始」をクリックします。

⑤クローン作成中…終わるまでしばらく待ちます。

⑥クローン作成完了!

AOMEI Backupperレビューまとめ

AOMEI Backupperは手軽にシステムクローンを作成できるので、ぜひ使用してみてください!

自分の写真

ばやし

理工学部卒業。20代の一般男性。2014年7月16日に当サイトを開設し、現在に至る。時間を見つけて更新しています。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

サイト内検索