TP-Link Tapo C110レビュー|夜間対応の低価格な見守りWi-Fiカメラ

ガジェット レビュー

記事の内容
  • 高画質・低価格・夜間対応・コンパクト…良いこと尽くしのネットワークカメラ誕生
  • コスパ最強なTapo C110を実機レビューします
  • 不審者や赤ちゃん、ペットを外出先から見守って安心安全な生活を!

見守りカメラ・ネットワークカメラのすすめ

ペットや赤ちゃんの見守り用、ホームセキュリティーとして人気のネットワークカメラ

ネットワークカメラとは、カメラの映像をパソコンやスマホなどからリアルタイムで見られるビデオカメラです。ネットワークに接続できるため、外出先や遠隔地からの操作に対応しています。

今回ご紹介するネットワークカメラTP-Link Tapo C1103,000円台と低価格にも関わらず、3MPの超高画質に対応したコスパ最強の製品となっています!ぜひ最後までご覧ください。

Tapo C110レビュー|本体と付属品

TP-Link Tapo C110の実機を用意しましたので、開封レビューしていきたいと思います。

箱の中には以下のものが梱包されています。
TP-Link Tapo C110 の付属品
  • Tapo C110本体
  • 電源アダプター(ケーブル長 約 3 m)
  • 設定ガイド
  • マウント用ネジ
  • マウント用テンプレート
Tapo C110のポイントは「マウント用ネジ」と「マウント用テンプレート」が付属しているところです。これらを使用して、天井や壁に取り付けることもできます。

また、TP-Linkは海外製ではありますが、設定ガイドは日本語も掲載されているので、安心してご利用いただけます。

Tapo C110の外観チェック

次に本体を詳しく見ていきましょう。

正面

正面にはカメラ、マイク、LEDインジケーターが備わっています。双方向通話に対応しており、アプリを使って会話が可能です。また、不審な人物が現れたときには、ライトとアラーム音で警告することも可能です。

背面

背面にはスピーカーがあります。ちなみに、実物を見て一番驚いたことは製品の小ささ。高さがたった 9.89 cmしかありません!小さくて扱いやすいです!

側面

側面にはリセットボタンとmicroSDカード挿入口があります。
なお、microSDは以下のものに対応しています。
  • microSDHC(8 GB~32 GB)
  • microSDXC(64 GB~256 GB)

ACアダプターを接続

ACアダプターは下部に接続します。ケーブルは長さ 3 m もあるので、コンセントから離れていても大丈夫です!

Tapo C110は角度調整もできる

自由自在に向きを調整できます。

極端な角度にすると安定性が悪くなりますが、台座を両面テープや付属のネジで固定してあげればバッチリです!

Tapo C110の設定方法とアプリ

TP-Link Tapo C110の初期設定の方法を紹介します。機械に不慣れな人でも簡単です。筆者は所要時間3分程度で設定できました。

①アプリのインストール

Tapo C110の初期設定、そして映像を見るには専用アプリが必要です。まずは、Tapoアプリを以下リンクからインストールしましょう。
TP-Link Tapo
TP-Link Tapo
無料
posted withアプリーチ

②アプリの指示に従って設定を進める

あとはTapoアプリの指示に従い、設定するだけです。大まかな流れは以下の通り。
  • ネットワーク(Wi-Fi)に接続
  • カメラの名前設定
  • カメラの設置場所設定
カメラを複数台設置した場合でも管理しやすいように、カメラの名称・場所(リビング、寝室、キャットタワー、ベビールーム…)を設定できるのも良いところです。なお、1つのアプリで最大32台のカメラを登録・管理できる仕様です。アプリ画面では4台の映像を一括で確認できます!

Tapo C110とC200の違い(画質比較)

旧モデルTapo C200と今回紹介の最新モデルTapo C110の比較を行ってみました。

2機種を横に並べて、モードは自動切替(日中/夜間モード)で画像を保存しました。撮影は自宅の室内で夜に行い、LEDシーリングライトのON・OFFでモードを切り替えています。

Tapo C200

旧モデルのTapo C200であっても、十分に綺麗な映像が撮れていることがわかります。

日中モード

ナイトモード

Tapo C110

最新モデルTapo C110では、3MPの高画質なカメラが搭載されているため、高精細で発色が良いです。また、画角が広く、広範囲を映すことができます。

日中モード

ナイトモード

TP-Link Tapo C110レビューまとめ

今回は、おすすめネットワークカメラTP-Link Tapo C110をレビューしました。

これまでに紹介した機能以外に、最新のAIを活用した「人物検知」「赤ちゃんの泣き声検知※」「動体検知」などの機能も搭載されています。

しかも安心の3年保証サポートが標準でついてきます。

防犯カメラ等の設置は大変と思われがちですが、今回紹介したTapo C1103,000円台というお手頃価格なので、気軽にお試しいただけます。

※サブスクリプションサービスTapo Careに加入すると利用できます(詳細

\セール特価のときもあります 要チェック/

また、Tapoカメラシリーズでは、首振り機能付きのTapo C200、防水防塵屋外カメラTapo C310などの充実のラインアップが展開されています。ぜひご検討ください。

Tapo C110のスペック・仕様

セキュリティ SSL/TLS 128 ビットAES 暗号化
無線LAN規格 11 Mbps(802.11b)、54 Mbps(802.11g)、72.2Mbps(802.11n)
Wi-Fi周波数 2.4 GHz
セキュリティ規格 WPA, WPA2-PSK
動画圧縮 H.264
ビデオ ストリーミング 3MP
認証 CE, NCC, TELEC
動作環境温度/湿度 0~40℃/10~90% RH
保存環境温度/湿度 -40~70℃/5~90% RH
アダプター入力 100-240V, AC, 50/60 Hz, 0.3 A
アダプター出力 9.0 V / 0.6 A
寸法 (W×D×H) 67.6 x 54.8 x 98.9 mm
イメージセンサー 1/2.8’’
解像度 3MP(2304×1296)
レンズ F/NO: 2.0, 焦点距離: 3.3 mm
ナイトビジョン 850 nm IR LED (up to 30 ft)
音声通話 可能(マイク・スピーカー内蔵)

Tapo C110 リンク

自分の写真

ばやし

理工学部卒業(学士)の20代一般男性。2014年7月に当サイトを開設し、現在に至る。時間を見つけて更新しています。よろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

サイト内検索